環境方針

株式会社清水商会は、地域社会のさまざまな生産的事業の発展を心から希い、祈ります。その結果、他人の人格を尊重すると同時に、すべての物質をも併せ尊ぶ精神を持ちたいと希います。「三方よし」を社是とし、経営責任者のリーダーシップのもと、環境負荷を軽減する商品の販売、工場のIOT化の促進、環境サービスの普及に努めるとともに、環境責任、社会責任の両方を果たせる会社をめざします。

<会社の目的と活動>

会社の目的は、琵琶湖に代表される地域社会の環境の継続的改善と汚染の予防を行うことと同時に、産業、物づくり事業に携わる会社の発展を促すことです。

<扱い商品・サービス・規模>

地域社会の生産事業で使用される設備、機器で、環境負荷を軽減する商品、あるいは省エネルギーを推進する商品の販売とサービスを取扱います。 また社内にあっては、LEDのようにエネルギーの使用量を軽減できる機器を優先して使用します。

<環境目標設定の枠組み>

社長、環境管理責任者のリーダーシップのもと全社員が環境保全活動に取組めるように各部門ごとに環境目標を設定します。社内にあっては、エネルギー使用量の軽減に努める他、業務のミス・ロスの軽減・撲滅も目標設定の枠組みに入れます。

<汚染の予防>

使用済みコンプレッサーオイル、使用済み機械油等の保管場所の順守と、確実な保管に努めます。一定量に達したときは、すみやかにマニュフェストにより処理します。

<関連法規制等の順守>

当社の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項及び我社が同意するその他の要求事項を順守します。また、環境マニュアルを順守します。

<環境マネジメントシステムの継続的改善>

環境パーフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムの継続的改善を行います。

 

全社員が環境方針に沿って行動できるように、事務所内に環境方針を掲示し、またそのカードを所持します。また取引先等利害関係者が入手可能なようにホームページ上で公開します。

平成29年12月25日

株式会社清水商会
社長

name